ギター

Saito Guitarsは本当にすごい!!実機レビュー!!

こんにちは!

今回は本当にお気に入りのものを紹介します。
世の中にもっと拡がるといいなと思います。

埼玉県は川口市にあるSaito guitarsです。

 

そもそも私は、ギター歴が20年ほどになります。

ギター製作の専門学校を卒業し、楽器屋で3年バイトしてました。結局楽器業界は離れてしまいましたが、今も見る目、見分ける目は持っているつもりです。

バイトしてた楽器店ではFender,gibson,PRS,suhr,Xotic,Freedom,dragonfry,など国内外のハイエンドギターを何本も経験しました。

好きな音楽ジャンルもクラシックからEDMまで雑食です、好きなギタリストはJohn mayer,tom mish,などシンガーソングライター系、レイヴォーン、クラプトンなどです。インコグニートやスティーリー・ダンも好きです。ほんとごちゃ混ぜです。

さて、前置きが長くなりましたが、話を戻して、

今所有しているサイトーギターS-622について話していきたいと思います。

 

以前はフェンダーカスタムショップのストラトを使っていました、55年のリイシューモデルであったため、指板のラディウスが使いにくいこと、サウンドの傾向の好みがローズウッド指板のギターに代わってきたことなどの理由から、買い替えるギターを探していました。

中古、新品問わずシングルコイルのもので探していました。

たくさんのギターを試奏し、予算と相談しながら長い旅となってしまいました。

 

そんな中最終的に出会ったのが、Saito Guitarsでした。

名前は知っていました。

試したいと店員さんへお願いし、セッティングをしてもらい、受け取るためにネックを握った瞬間、確信がありました。

 

これは絶対いいギターだと。

もう、弾かなくても良いとも思いましたが、すこしじっくり弾いていきました。

まず、ネックだけでなくボディまでギター全体が鳴っている感覚がすごい。

音の分離が良い。これは試したサイトーのギターがすべてネックが板目のメイプルだったので、それを狙っているのかなと思いました。

ピッチが良い、チューニングも狂わない。

ナットの精密な作り。

そして何より、デザインがかっこいい。これに尽きます。やっぱりギターはかっこよくて触りたくなる。というのが一番大事だと思います。ゴールドパーツのギターってほとんど興味なかったのですが、グッときてしまいましたね。

アンプを通しても生音でも、印象は変わりません。どのピックアップポジションでも使える音がしますし、ノイズも少ない。私のギターはSSHなのでリアのハムはタップが可能です。これもいい音です。

 

セッティングもかなり弦高を低くしてますが、ビビリも出ません、ネックの狂いも少ないです。

 

ほめてばっかりで、若干回し者チックですが、本当に欠点がないのです。

心からオススメできるギターです。

SaitoGuitars最高です!


SAITO Guitars 《サイトーギター》S-Series S-622 Ash (Morning Glory) #180831【あす楽対応】

-ギター
-, , ,

© 2020 shunmiyaの仕事が上手くいくブログ Powered by AFFINGER5