音楽、子育て、サッカー、その他なんでも、あなたの興味、先にレビューしておきます!

買う前にココを見ろ!



DIY

お風呂のドアのパッキン緩み、自分で治しましょう!

更新日:

うちのお風呂のドアの部分のパッキン部分が緩みに緩んでいましたが、なかなか治すにも踏ん切りがつかず、プロの修理屋に頼むと13000円くらいかかるということで、自分で治しちゃおう!

と、いうことで、やったらあまりにも簡単すぎて拍子抜け。

皆さんもぜひやってほしいと思いましたので、短いですが紹介させていただきます。

汚くてスイマセン・・・

こんな感じでゴムパッキン部分が緩んで伸びてしまって、波打ったり、長さが余ってしまったりしています。

ということで、全体的に長さをそろえて、改めてしっかりとハメていくことで改善できるのではないかと思い実践していくことにしました。

2回に分けてカットしました。1回で大幅にカットするよりは2回に分けたほうが長さを合わせやすいので分けてカットしたほうが良いと思います。

断面はこんな形です。真ん中の溝の部分がレールにはまることで固定されます。

この時注意することは外れてしまったからといって、接着剤や接着性のあるコーキングなどを使わない事です。

これは失敗したときや、将来もう一度緩んだり伸びてしまった時に、コーキングや接着剤の除去が必要になり、取り返しがつかなくなることを防ぐためです。

長さがあっていれば、溝にハメるだけで十分です。

ちゃんとハマっていれば一直線でこのように固定されます。

水も漏れないようになりました。

プロに依頼すると13000円がハサミで切ってハメただけで、治っちゃいました。もちろんプロの方がクオリティ高いのは言うまでもありませんが、満足できる出来です。

一度試してみてもいいのでは??

 



-DIY

Copyright© 買う前にココを見ろ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.