音楽、子育て、サッカー、その他なんでも、あなたの興味、先にレビューしておきます!

買う前にココを見ろ!



暮らし

お中元の季節です!人気商品は!?のしって付けるの!?百貨店販売歴10年の私が解決します!

更新日:

こんばんは!

 

毎年6月位になると日本の風習的に、お中元を贈りあう文化が始まります。

年末にはお歳暮ですね「暮れの元気なご挨拶」ってやつです。

 

お中元は、日頃からお世話になっている方々や目上の方に向けて「半年間」の感謝の気持ちと、健康を願う気持ちをあらわすために品物を贈る風習です。

もともとのルーツは中国にあるのですが日本の風習とは少し違っていて、日本に入って来た時に少し変わって感謝を表すものに変化したそうです。

 

そんなお中元ですが、最近の若い世代にはすこし馴染みがなくなってきましたよね?

かくいう私も送る方はかなり限られていますが、商売として10年間百貨店におりましたので深く関わっていました。

そんな私がお中元の完全攻略にお応えします!

 

何も恐れることはありません、決まりごとが少しだけあるのでそれを守れば良いだけです。

そもそもお中元っていつ頃贈るの?

お中元のシーズンは地域や地方によって時期に差がありますが、基本的には7月初旬から8月中旬までとされています。ただそれより早く届いても間違いではありません、むしろ一番早く届くことで送り先に印象付けることが出来るかもしれません。

何を送るといいの?

お中元は健康を願うための日でもありますので、暑い日が続く夏を快適に過ごすための品物が人気です。たとえばビールや冷菓、そうめんなどが贈られることが多いです。

オススメはアンリ・シャルパンティエのテリーヌ・ドゥ・フリュイなどの高級ゼリーです。自分では買わないものの、もらったら嬉しいという絶妙なラインです。

どうですか?美しいですよね?手作業で並べたフルーツをテリーヌ型に固めた定番のゼリーです。美味しさもさることながら、見た目にも楽しいゼリーです。

 

熨斗(のし)って付けるの?

これはもちろん付けたほうが良いです。

贈り物がどういった意味合いで送られてきたかが一目瞭然になりますし、名入れの部分に自分の名前を入れておけば、先様がたくさんお中元を受け取る方であれば誰から届いたのかわかりやすくなります。

もし依頼の時に水引の種類を訪ねられたら、「紅白花結び」と答えましょう。

 

お届けする時期、季節にあった品物、熨斗を間違えなければお中元に買ったも同然です。

最近は百貨店の店頭だけでなく、オンラインショップで受け付けることも多くなり、非常に便利になりました。

熨斗の有無や名入れなどすべて指定できます。送り先も一度登録さえすれば次回の注文からは今回送るのか送らないのかを選択できますので、手間も減ります。

全て自宅から手配できますので、本当に便利だと思います。

 

読んでいただいた皆様もぜひ、日ごろの感謝をお中元という形で表してみてください。



 



-暮らし

Copyright© 買う前にココを見ろ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.